スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年03月27日

不満な点


現在サバゲで不満な点は?
なんといっても決定的な不満な点は被弾が自己申告で、あいまいなことです。この点優れているのが受光装置のある、いわゆる光線銃ですが、撃った感じがイマイチ。トリガーを引くと言うよりも懐中電灯のスイッチオンて感じ。最低・・・。
昔、MGCだったかな、モデルガンに取り付けて受光装置ターゲットに光線を発射するのがあったような気がしますが。これもイマイチ。
そこで提案です最初からサバゲユースでこんなのを開発したらいかがでしょう。基本的には電動ガンと光線銃の融合です。最新電動ガンのブローバックと連動して、ボルトでスイッチを押し光線が発射されるってのはどうでしょうか?電動ブローバックと連動させることで、味気ない何の面白みも持てないスイッチオン状態が改善されます。チャージングハンドルを引いて、銃自体の電源オン。
あとはマイコン制御で弾数制限や、リアルカウントモードなんかも出来ます。着弾受光装置も少し進化させたいと思います。今までのは受光すると振動とかブザーが鳴るとかでした。
これではインパクトが弱いです。着弾のギミックとして色つきの煙(粉)が出ると言うのはいかがでしょう。早い話がグレネードです。BB弾の代わりに色つきの粉入りグレネードを背中あたりにセットして、敵より撃たれ受光装置がはたらくと、電磁弁によりバルブが開放され音とともに粉が放出される、なんてのはいかがでしょう。
自分が買うかどうかは別にして・・・ハハハ。  


Posted by マスター  at 19:26Comments(3)

< 2008年03>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ