スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年03月26日

3.30 B-Fight トレーニングゲーム

3月30日 B-Fightトレーニングゲームを行います。


9時集合・・・10時スタート
参加費・・・2000円
参加希望の方は当ブログコメントか電話にてお申し込みください。
当日はB-Fightのみのゲームとなります。

------------------------------------------------------------
3月23日のピクチャーです。
残りの写真をアップします。

ゲームの楽しさが伝わってきます。
























































































































































TTFフェスタのお申し込みはお早めにどうぞ。
まだ若干の参加枠があります。




  


Posted by マスター  at 12:03Comments(1)ゲーム予定

2014年03月25日

3.23お疲れ様でした。最高のゲームでした!

ピクチャーをゲットしました。
BATさん有難うございます。
写真、まだまだあります。
天気も最高!
ゲームも最高でした。
自分も早く参戦したいです!!




































残りは次回にアップします。
まだまだ、たくさん撮りました。

TTFフェスタの参加枠はまだ少々あります。
お早めに!




  


Posted by マスター  at 16:31Comments(0)TTFニュース

2014年03月20日

3.23 B-Fight 定例戦





3月23日B-Fight 定例戦を行います。

9時集合・・・10時スタート
参加費・・・2000円
参加希望の方は当ブログコメントか電話にてご連絡ください。
-----------------------------------------
16日はメインイールド貸出しでした。
TTFを使っていただきありがとうございました。

BフィールドにおいてB-Fightのトレーニングを行いました。
完全にB-Fightテクともいうべきものが出来上がってきたようです。
メインフィールドで行ってきた、数々のテクが短時間の中に凝縮しています。
それを瞬時に自分のファイルから取り出し行動を起こします。
それは無意識の中で、オートマチックに行わなければなりません。
そのように動けるようになるには、何度も繰り返しての反復練習が必要です。
体にしみこむまで練習が必要です。
そんなことを、TTFでは永年行ってきました。
その結果、こんな結果になってしまったのではないでしょうか。(大笑)
TTFはまだまだ・・・どうせやるなら・・・。

23日はメインフィールド貸出しとなっています。
9時以降のBフィールドへの、車の進入は出来ませんのでご了承ください。
  


Posted by マスター  at 17:59Comments(3)ゲーム予定

2014年03月18日

CAT11参戦4.27TTFフェス



4月27日TTFフェスタにCAT11さんが参戦されます。

参加されるCAT11さんのメンバーを2つに分け、それぞれ赤チームと黄チームに入っていただきます。
それを中心に他の参加の皆さんを赤と黄に分けます。
終日このチームでゲームを行います。

まだ参加枠があります。
参加をお考えの方はお早めにお申し込みください。
お申し込みは当ブログオナーへのメセージか電話にてお願いいたします。

  


Posted by マスター  at 11:24Comments(2)T.T.F.フェスタ

2014年03月17日

TTFフェスタCAT11参戦

CAT11が来ます!!!4月27日のTTFフェスタのニュースです。
1日一緒にTTFフェスタで盛り上がりましょう!


CAT11さんは二つに分けていただき、赤チーム黄チームにそれぞれ入っていただきます。
楽しい一日があなたを待っています!




2014年4月27日

春の
TTFproフェスタ



TTFproフェスタタイムテーブル
9時集合・・・集合
9時30分・・・ブリーフィング
参加費・・・3800円


参加希望の方は当ブログオーナーへのメッセージか電話にてお申し込みください。
まだ多少の参加枠があります。お早めにどうぞ。





TTFでは普段は完全フラッグ戦と殲滅戦を行っています。
TTFフェスティバルの時だけ何種類かのそれ以外のゲームを行います。
フェスタはTTFのお祭りという事でいつもとは違うTTFのゲームが見られます。
 フェスタとはいえTTFのことですので当然勝敗にこだわります。
しかし、しかしです、勝つために全力を尽す両チームですが、ゲーム終了後のお互いの拍手を持って讃えあう風景は、TTFになくてはならないものとなってきました。
勝ったチームには勿論勝利への祝福と、参加された皆さん全員への感謝を込めた拍手がゲームの最後を締めます。
充実したゲームへの達成感と清涼感を全身に感じることが出来るのがTTFゲームの特徴です。

過去のゲーム風景を少しだけ。

































10時ゲームスタート


10時
第1戦・・・通常フラッグ戦(完全フラッグ戦)15分ゲーム×2
AフラッグとBフラッグでスタート。
いつもの完全フラッグ戦です。フラッグを奪取して勝利になります。
勝利して・・・2ポイント 負けて・・・0ポイント  ドローで・・・1ポイントづつ









11時
第2戦・・・パラトルパー戦(TTF名物ゲームです)15分ゲーム×2
AフラッグとBフラッグで行います。
パラトルーパールールは文字どうりパラシュート降下部隊です。
簡単に説明しますと生き返りルールです。
ゲーム中ヒットされても生き返りができます。ただし、5人集まらなければ輸送機に乗れません(生き返れません)5人になるまで待ってください。

赤黄チームにそれぞれ二機の輸送機(ビニール傘にロープが付いたもの)があります。
チームそれぞれに輸送機格納ポイント(傘が2本置いてあるだけです)で待機し、5人になるのを待ちます。
最初にヒットされた方はあと4人ヒットされるのを待たなくてはなりません。
5人になりましたら輸送機に乗り(ビニール傘のロープにつかまり)パラトルーパーマーカー(青マーカー)を付け、ゲーム中のフィールドに発進します。
任意の場所に5人で移動します。(この間もゲームは進行しています)。
ロープをつかんでいる間(飛行中)、敵はパラトルーパーを撃てません。
パラトルーパーもロープを握っているとき(飛行中)は発砲できません。
機長(先頭で傘を持っている人)はゲーム中のフィールドの、友軍にとって有利になるところに降下します。
機長が降下地点を決めたら大きな声で「降下!」と叫び、持っている傘を投げ、握っていたロープをはなします。
この時点で降下となり銃撃が開始されます。
ただし、パラトルーパーはフラッグアタックはできません。
これが各チーム1戦につき2回できます。
文章にするとちょっと複雑ですが、やってみると単純です。
早い話が、ヒットされても5人集まれば電車ごっこで生き返れるということです。
完全フラッグ戦になります。
勝利して・・・2ポイント  負けて・・・0ポイント  ドローで・・・1ポイント

12時昼食




13時
第3戦・・・ミサイル発射を阻止せよ!15分×2
CフラッグとEフラッグで行います。
ミサイルを発射する方はCフラッグから、阻止する方はEフラッグからスタートします。
砂山砲台にミサイル(ペットボトルロケット)が発射状態で設置してあります。ミサイル攻防戦です。
攻める側はミサイルを発射して勝利になります。
100メーター以上砂山砲台から上空に向かって飛びます。
守る側は敵の発射を阻止して勝利となります。
ミサイル発射が見たいですね!
発射を阻止して・・・2ポイント  発射成功で・・・2ポイント  ドローはありません












14時
第4戦・・・ゴット「応答願います!」(新企画ゲーム)15分×2
双方のチームからそれぞれGOOD(無線オペレーター)をGOODゾーン(砂山砲台)に配置して無線情報を得ながら作戦遂行。
GOODの状況判断とコントロールが勝敗のカギ!
無線(アイコムやケンウッドなど)お持ちの方は是非お持ちください。
片チームGOODは2人までとします。
GOODはオペレータ専業とし銃撃には参加できません。
前回は基本センターフラッグ戦でしたが、今回は赤黄それぞれのチームににマークマン(頭部に風船を装着B-Fight用)を2ずつ人きめていただきます。
そのマークマンの風船を2個ともブレイクして勝ちとなります。
砂山上のGOOD(無線オペレーター)によるまーむマークマンの位置情報を得て効率よく敵マークマンをブレイクしてください。
新企画ゲームです。面白そうです!



















15時
第5戦・・・Xラインゲーム(TTF名物過激ゲームです)15分×2
AフラッグからEフラッグまでの全てのフラッグを使います。
それぞれのフラッグに赤と黄色のポイントマーカー(ペットボトル)があります。
チームカラーのポイントマーカーをフラッグポールにかけていくゲームです。
それぞれ自軍を2分し、それをAとC、BとDのように対角線(Xライン)に布陣します。
フラッグポールにポイントマーカーを掛けたら1ポイントになります。
すでにポールにポイントマーカーが掛っていても、それを外して自軍のポイントマーカーをかけることができます。
全部かければ5ポイントになります。

16時
・・・TTF名物ひもくじ大会及び勝利チームの表彰式。
黄チームが勝つか赤チームが勝つか?
TTFproはサバゲをスポーツと捉えています。
勝利したチームには健闘を讃え、そして楽しい一日を共有した皆様に感謝をこめて、参加いただいた皆様の盛大なる拍手をお願いいたします。
勝ったチームにはひもくじ大会で使用するビンゴカードをもう一枚進呈いたします。
TTFproでは年2回のフェスタを行っています。
次回もよろしくお願い申し上げます。
ひもくじ大会の賞品を提供してくださる方募集中!
提供していただける物がありましたら、当日お持ちください。
よろしくお願いいたします。
いつも提供して頂いている方には、心より御礼申上げます。


弾はバイオ弾をご使用ください。
純白、蛍光系白は使用できません。
当フィールド推奨のエクセル、マルイのバイオ弾の色に準じるものをご使用ください。
よろしくお願い申し上げます。

変更がある場合があります。
  


Posted by マスター  at 21:43Comments(0)T.T.F.フェスタ

2014年03月14日

3.16 B-Fight トレーニングゲーム




3月16日 B-Fight トレーニングゲームを行います。

参加希望の方は当ブログのコメントか電話にてお申し込みください。
9時集合・・・10時スタート
参加費・・・2000円

当日は、メインフィールドは貸し出しとなっています。
9時以降は車のBフィールドへの侵入は原則的にできませんのでよろしくお願いいたします。

---------------------------------------
9日参加の皆様お疲れ様でした。
CAT11さんも参加いただき最高に楽しい一日を盛り上がりました。
午前中は通常サバゲのTTF3ON3ルールで5チームによる総当たりで行いました。
やはり、噂どうりの素晴らしいCAT11さんでした。
CAT11メンバーのキュートさとは裏腹にゲームに対する姿勢が真剣で徹底的に勝敗にこだわり、上を目指す意識は見習うべきものでした。
午後からはB-Fightでの5チームの総当たり戦を行いました。
各ゲーム熱いファイトが繰り広げられました。
その中でもB-Fight初めてのBATさんが、TTF Bチームから勝利をもぎ取りました。大金星です!
BATさんおめでとう!
コートを取り巻くギャラリーからも、惜しみのない祝福の歓声が起こりました。
参加いただいた皆様、そしてご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

さてTTF次の企画は4月27日のTTFフェスタです!多くのご参加をお待ちしています。
  


Posted by マスター  at 12:32Comments(4)ゲーム予定

2014年03月11日

2014. 4.27 TTFフェスタ内容




2014年4月27日

春の
TTFproフェスタ



TTFproフェスタタイムテーブル
9時集合・・・集合
9時30分・・・ブリーフィング
参加費未定


10時ゲームスタート

10時
・・・通常フラッグ戦(完全フラッグ戦)15分ゲーム×2
いつものフラッグ戦です。フラッグを奪取して勝利になります。

11時
・・・パラトルパー戦(TTF名物ゲームです)15分ゲーム×2
ゲーム内容の詳細はTTFフェスタの過去記事をご覧ください。

12時昼食

13時
・・・ミサイル発射を阻止せよ!(新企画ゲーム)15分×2
砂山砲台にミサイル(ペットボトルロケット)が発射状態で設置してあります。ミサイル攻防戦です。
攻める側はミサイルを発射して勝利になります。100メーター以上砂山砲台から上空に向かって飛びます。
守る側は敵の発射を阻止して勝利となります。
ミサイル発射が見たいですね!

14時
・・・ゴット「応答願います!」(新企画ゲーム)15分×2
双方のチームからそれぞれGOOD(無線オペレーター)をGOODゾーン(砂山砲台)に配置して無線情報を得ながら作戦遂行。
GOODの状況判断とコントロールが勝敗のカギ!
無線お持ちの方は是非お持ちください。
片チームGOODは2人までとします。
GOODはオペレータ専業とし銃撃には参加できません。
前回は基本センターフラッグ戦でしたが、今回は赤黄それぞれのチームににマークマン(B-Fightの風船を装着)を一人きめていただきます。
そのマークマンの風船を2個ともブレイクして勝ちとなります。
砂山上のGOOD(無線オペレーター)による情報で効率よく敵マークマンをブレイクしてください。
新企画ゲームです。面白そうです!

15時
・・・Xラインゲーム(TTF名物過激ゲームです)15分×2
ゲーム内容の詳細はフェスタカテゴリー内の過去記事でご覧ください。

16時
・・・TTF名物ひもくじ大会及び勝利チームの表彰式。
黄チームが勝つか赤チームが勝つか?
TTFproはサバゲをスポーツと捉えています。
勝利したチームには健闘を讃え、そして楽しい一日を共有した皆様に感謝をこめて、参加いただいた皆様の盛大なる拍手をお願いいたします。
勝ったチームにはひもくじ大会で使用するビンゴカードをもう一枚進呈いたします。
TTFproでは年2回のフェスタを行っています。
次回もよろしくお願い申し上げます。


弾はバイオ弾をご使用ください。
純白、蛍光系白は使用できません。
当フィールド推奨のエクセル、マルイのバイオ弾の色に準じるものをご使用ください。
よろしくお願い申し上げます。

推奨BB弾の販売があります。
エクセルバイオ弾0.2g0.25g・・・800円
マルイバイオ弾0.2g・・・900円販売あります。
ET-1各種リポバッテリーの販売があります・・・すぐ充電して使用できます。

変更がある場合があります。
4月に入りましたらもう少し詳しいメニューをアップいたします。





  


Posted by マスター  at 13:33Comments(0)T.T.F.フェスタ

2014年03月05日

3.9 B-Fight 定例戦




3月9日 B-Fight 定例戦を行います。

9時集合・・・10時スタート
参加費・・・2000円

TTFproでは完全予約制になっています。
参加希望の方は当ブログコメントか電話にてお申し込みください。
今回は雑誌の取材があります。

-----------------------------------------------------------
皆様こんにちは。
約1か月の間ゲームができませんでした。
雨ばっかりでしたね。
現時点では天気に問題はなさそう。

いよいよ本格的にシーズンが来た感じですね。

今回はCAT11が来場しチャレンジします。
ゲームの上手さでは定評のあるチームです。
どんな具合になるか楽しみです。
TTFのインストラクターチームとの対戦になる予定です。
通常サバゲも行う予定です。
B-Fight参加希望の方はフルフェイスゴーグル(マルイ可)をお持ちください。
マルイのゴーグル使用の場合はネックウオーマー、イヤーマフ、スエーターなどで、上半身への着弾ニ備えてください。
詳しくは直接お電話いただければご説明いたします。

通常サバゲも行う予定です。

もう一つお知らせがあります。
今年の春のTTFフェスタは4月27日に決定いたしました。


今回よりTTFフェスタへの参加資格が設けられました。
参加資格とは、現在TTFに登録されているチームまたは個人、過去にTTFのゲームに参加されTTFより認定を受けたチームまたは個人の方。
また、これらのチームや個人から推薦をされたチームや個人になります。
参加希望の方でまだ登録認定を受けていない方はフェスタの行われる4月27日までに一回TTFのゲームに参加し認定を受けてください。
よろしくお願いいたします。


  


Posted by マスター  at 14:12Comments(4)ゲーム予定

< 2014年03>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ