スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年04月15日

2014年4月27日春のフェスタのメニュー



4月27日春のフェスタの内容です。


CAT11さん参戦!

CAT11さんを二つに分けて赤チームと黄チームを作ります。
参加費・・・3800円

8時開場

9時集合

9時30分
・・・ブートキャンプ・ウォーミングアップエクササイズ
けがをしないように準備運動。
スタジオBRCのリードで行います。


BRCキヨミ先生によるプッシュアップ&スクワットコンテストを行います。





CAT11さんより豪華賞品あり!

そして、参加の皆さん全員でお互いに敬意を表しましょう。
皆で「よろしくお願いします。」とでかい声での挨拶から。
楽しいゲームはここから始まります。
参加の皆さんで最高の一日を共有しましょう。
ウォーミングアップも挨拶も済みました。
さあ~っゲーム開始です!



10時・・・フラッグ戦 15分×2
・・・ブリーフィング(ゲーム説明)の後すぐゲームに移ります。
通常フラッグ戦です。
AフラッグとBフラッグで行います。
TTFのフラッグ戦は完全フラッグ戦、フラッグを取らなくては勝になりません。
勝って2ポイント負けて0ポイントドローで1ポイントづつ。

11時・・・パラトルーパー戦 20分×2
・・・ブリーフィング(ゲーム説明)の後すぐゲームに移ります。
ご存知パラトルーパー戦です。
AフラッグとBフラッグで行います。
フラッグ戦ですが、ヒットされても5人まとまればパラトルーパーで生き返りOK。
好きな場所で降下してください。
ただし、パラトルパーはフラッグアタックできません。
各チーム輸送機は2機づつ保有です。
勝って2ポイント負けて0ポイントドローで1ポイントづつ。





12時・・・昼食1時まで昼食です。

1時・・・ミサイル発射を阻止せよ!15分×2
・・・ブリーフィング(ゲーム説明)の後すぐゲームに移ります。
砂山砲台のEフラッグとCフラッグで行います。
砂山砲台にミサイル(ペットボトルロケット)を設置してあります。
Cフラッグはミサイルの発射をめざしEフラッグ側は発射を阻止します。
ペットボトルは砂山砲台から100mくらい飛びます。
発射が見たい!
発射を目の当たりにすると皆さん「オ~ッ」と声が出ます。
勝って2ポイント負けて0ポイントドローで1ポイントづつ。

2時・・・ゴッド応答願います 15分×2
・・・ブリーフィング(ゲーム説明)の後すぐゲームに移ります。
AフラッグとBフラッグで行います。
無線(icomとかケンウッドなど)使用の移動フラッグ(マークマンの風船)戦です。
皆さんお持ちの無線機をご持参ください。
大声での情報の交換は不可です。
ゲームの始まる前に各チーム2名のゴッド(無線オペレーター)を砂山砲台に置きます。
ゴッドは砂山砲台の上を自由に移動できますが情報提供のみで銃撃には参加できません。
又、ゴッドを銃撃することはできません。
ゴッドは山上より味方にマークマンの情報を与え、味方の行動を優位に効率的に動かします。
又、各チームに2名のマークマン(頭に2個の風船を付けたプレーヤー)を設定します。
そのうちの1名が本当のマークマンです。
本当のマークマンは、砂山砲台から見えるように風船に丸印が書かれています。
敵の本当のマークマンの風船が1つでも割ったら勝利となります。
マークマンが二人いるため本物と偽物を見分けなければなりません。
ここで砂山砲台のゴッドの存在が生きてきます。
勝って2ポイント負けて0ポイントドローで1ポイントづつ。



3時・・・Xライン戦 15分×2
・・・ブリーフィング(ゲーム説明)の後すぐゲームに移ります。
A,B、C、D、E、すべてのフラッグを使用します。
フラッグポールにあるフックに自軍のマーカーを付けると1ポイントになります。
すでについている敵軍のマーカーを外して自軍のマーカーと付け替えることができます。
これもTTF名物ゲームです。
フェスタの最後を飾るゲームです。
赤黄それぞれのチームを2分割します。
赤チームをA小隊とB小隊に分けます。
黄チームをA小隊とB小隊に分けます。
これを対角線上のフラッグに配置します。
赤チームはAフラッグとCフラッグ、黄チームはBフラッグとDフラッグに布陣します。
フィールドはスクランブル状態になります。
特にCフラッグからスタート小隊は正にローンサバイバー状態です。
フラッグポールに1つマーカーを付けると1ポイント。全てのフラッグポールにマーカーを付けると5ポイント。


4時・・・勝ったチームの表彰式&TTF名物ひもきじ大会
・・・勝利チームは、赤チーム黄チーム今回はどちらが勝つでしょう?
賞品も優勝カップも賞状もありませんが、勝利チームには参加者皆さんの惜しみない拍手をお願いいたします。
そして勝利チームは「有難うございました!」の一言で、一日楽しい時間を共有できた事への感謝を表しましょう。
皆さんの拍手で終わりたいと思います。

・・・TTF名物ひもくじ大会
皆さん御存知いつものひもくじです。
勝利チームにはひもくじの順番を決めるビンゴカードを1枚多くお渡しします。
もし、賞品に出してもいい物が有りましたら是非ご提供ください。


5時・・・解散

では、当日お会いしましょう。


PS
・・・まだ参加人数をご連絡いただいていないチームは人数のご連絡をお願いいたします。
お申し込みは4月19日(早期終了あり)までといたします。

当日のファイトとファイトの間はセフティーゾーンに戻りませんので、弾、飲み物、タオル、バッテリーなどの携帯をお勧めします。
ご自慢のパックなどに入れて携帯ください。

おもちの方はシートや折りたたみ椅子などお持ちください。

今回も大いに盛り上がってまいりましょう!!

  


Posted by マスター  at 16:00Comments(0)T.T.F.フェスタ

< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ