2008年03月27日

不満な点


現在サバゲで不満な点は?
なんといっても決定的な不満な点は被弾が自己申告で、あいまいなことです。この点優れているのが受光装置のある、いわゆる光線銃ですが、撃った感じがイマイチ。トリガーを引くと言うよりも懐中電灯のスイッチオンて感じ。最低・・・。
昔、MGCだったかな、モデルガンに取り付けて受光装置ターゲットに光線を発射するのがあったような気がしますが。これもイマイチ。
そこで提案です最初からサバゲユースでこんなのを開発したらいかがでしょう。基本的には電動ガンと光線銃の融合です。最新電動ガンのブローバックと連動して、ボルトでスイッチを押し光線が発射されるってのはどうでしょうか?電動ブローバックと連動させることで、味気ない何の面白みも持てないスイッチオン状態が改善されます。チャージングハンドルを引いて、銃自体の電源オン。
あとはマイコン制御で弾数制限や、リアルカウントモードなんかも出来ます。着弾受光装置も少し進化させたいと思います。今までのは受光すると振動とかブザーが鳴るとかでした。
これではインパクトが弱いです。着弾のギミックとして色つきの煙(粉)が出ると言うのはいかがでしょう。早い話がグレネードです。BB弾の代わりに色つきの粉入りグレネードを背中あたりにセットして、敵より撃たれ受光装置がはたらくと、電磁弁によりバルブが開放され音とともに粉が放出される、なんてのはいかがでしょう。
自分が買うかどうかは別にして・・・ハハハ。






Posted by マスター  at 19:26 │Comments(3)

この記事へのコメント
おもしろい事かんがえますなぁw室内ならその考えでOKですが・・・屋外特に山などでブッシュに入った場合が問題ですよね。BB弾なら抜けたりしますが光線だと・・・・? 葉っぱすら貫通できないか?w


あと値段の問題ですよね高性能になるとアワワワワワ!!!! 装備にどんな装置をつけるかリアル派の人達からは嫌がりそうですがw
けど考えると楽しいですよね(^-^)
Posted by ヤナギ at 2008年03月28日 10:24
ヤナギさんコメントありがとうございます。
野外でのブッシュが貫けない点・・・うかつでした・・・コマッタ・・・そこまで考えませんでした・・・貫通力か・・・。
いかがでしょう・・・貫通力が無いと言う事は物を壊さないと言うこと・・・と言うことは目の保護がいらない。ゴーグルが要らないと言うこと。ゴーグルの曇りから開放されると言うことになりますか・・・。又、被弾兆弾しても勿論痛くない、しかし粉を浴びることになりますが ハハハッ。そしてフィールドが今まで考えられなかったような場所に見つけることが出来るかもしれませんね。

受光装置と作動装置(粉入りグレネードとこれを発射するもの)ですが、受光装置は両肩とヘッドそれに作動装置と受光装置を一緒にした物を背中(くびの下あたり)に。小さく出来れば見栄えも良くなると思いますが。

値段の点はまったく電気のことがわからないので、創造が出来ません。ただおもちゃメーカーの光線銃を考えるとそんなに高くはならないように思えるのですが。
あくまでも推測です。

あと、電源はマガジンに単三電池を弾込めするように出来たらいいですね。
Posted by マスター at 2008年03月28日 18:05
もう一つ忘れました。今のマルイあたりの電動ガンにビルトオンできるようなキットでもいいかもです。 M4何丁も持っている方、結構いますよね、そうゆう私もその口ですが。その中の一丁を光線銃にってのは、いかがでしょうか? どなたか知識と技術のある方、作ってみてください。勿論メーカーさんでも結構です。私、買います。きっと・・・。
Posted by マスター at 2008年03月28日 18:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ