2014年03月11日

2014. 4.27 TTFフェスタ内容




2014年4月27日

春の
TTFproフェスタ



TTFproフェスタタイムテーブル
9時集合・・・集合
9時30分・・・ブリーフィング
参加費未定


10時ゲームスタート

10時
・・・通常フラッグ戦(完全フラッグ戦)15分ゲーム×2
いつものフラッグ戦です。フラッグを奪取して勝利になります。

11時
・・・パラトルパー戦(TTF名物ゲームです)15分ゲーム×2
ゲーム内容の詳細はTTFフェスタの過去記事をご覧ください。

12時昼食

13時
・・・ミサイル発射を阻止せよ!(新企画ゲーム)15分×2
砂山砲台にミサイル(ペットボトルロケット)が発射状態で設置してあります。ミサイル攻防戦です。
攻める側はミサイルを発射して勝利になります。100メーター以上砂山砲台から上空に向かって飛びます。
守る側は敵の発射を阻止して勝利となります。
ミサイル発射が見たいですね!

14時
・・・ゴット「応答願います!」(新企画ゲーム)15分×2
双方のチームからそれぞれGOOD(無線オペレーター)をGOODゾーン(砂山砲台)に配置して無線情報を得ながら作戦遂行。
GOODの状況判断とコントロールが勝敗のカギ!
無線お持ちの方は是非お持ちください。
片チームGOODは2人までとします。
GOODはオペレータ専業とし銃撃には参加できません。
前回は基本センターフラッグ戦でしたが、今回は赤黄それぞれのチームににマークマン(B-Fightの風船を装着)を一人きめていただきます。
そのマークマンの風船を2個ともブレイクして勝ちとなります。
砂山上のGOOD(無線オペレーター)による情報で効率よく敵マークマンをブレイクしてください。
新企画ゲームです。面白そうです!

15時
・・・Xラインゲーム(TTF名物過激ゲームです)15分×2
ゲーム内容の詳細はフェスタカテゴリー内の過去記事でご覧ください。

16時
・・・TTF名物ひもくじ大会及び勝利チームの表彰式。
黄チームが勝つか赤チームが勝つか?
TTFproはサバゲをスポーツと捉えています。
勝利したチームには健闘を讃え、そして楽しい一日を共有した皆様に感謝をこめて、参加いただいた皆様の盛大なる拍手をお願いいたします。
勝ったチームにはひもくじ大会で使用するビンゴカードをもう一枚進呈いたします。
TTFproでは年2回のフェスタを行っています。
次回もよろしくお願い申し上げます。


弾はバイオ弾をご使用ください。
純白、蛍光系白は使用できません。
当フィールド推奨のエクセル、マルイのバイオ弾の色に準じるものをご使用ください。
よろしくお願い申し上げます。

推奨BB弾の販売があります。
エクセルバイオ弾0.2g0.25g・・・800円
マルイバイオ弾0.2g・・・900円販売あります。
ET-1各種リポバッテリーの販売があります・・・すぐ充電して使用できます。

変更がある場合があります。
4月に入りましたらもう少し詳しいメニューをアップいたします。










同じカテゴリー(T.T.F.フェスタ)の記事画像
5.15 TTF春のフェスタ
5.1 五月第一週通常サバゲと段ボール戦車戦
5.15 TTF春のフェスタ決定
いよいよ明日ですTTF フェスタ!
2015.4.29TTFproフェスタ
4月29日TTFpro春のフェスタ
同じカテゴリー(T.T.F.フェスタ)の記事
 5.15 TTF春のフェスタ (2016-05-10 16:01)
 5.1 五月第一週通常サバゲと段ボール戦車戦 (2016-04-28 12:18)
 5.15 TTF春のフェスタ決定 (2016-03-08 12:37)
 いよいよ明日ですTTF フェスタ! (2015-04-28 19:44)
 2015.4.29TTFproフェスタ (2015-04-25 21:45)
 4月29日TTFpro春のフェスタ (2015-04-14 18:25)

Posted by マスター  at 13:33 │Comments(0)T.T.F.フェスタ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ