2015年04月23日

5月6日NERF de B-fight

5月6日 NERF de B-fight 行います。
スタジオを借り切ってのインドア戦です。



東京のJR蒲田駅から10分の場所です。
参加費・・・1000円
会場・・・スタジオB.R.C.
午後1時くらいから始めたいと思います。
ナーフ弾はこちらで用意いたします。
ナーフ銃も貸し出しできます。
当ってもいたくはないのでお子様でも女性でも遊べます。
参加年齢は中学生からにしたいと思います。
歳の上限はありません。
土足厳禁になっていますので上履き(運動靴)をお持ちください。
汗をかきますのでタオルも必要だと思います。
動きやすい服装でお越しください。
弾が当たってもいたくはありませんが、目の保護だけは必要です。
サバゲで使う防護用の眼鏡が有ると良いと思います。
こちらでも用意はありますが、何分肌に直接接しますので自分用に用意されると良いと思います。
購入されるときはクリアーの透明が良いと思います。

アップした動画は前回行ったテストゲームの様子です。
前回はあっという間の6時間でした。
2時にスタートして気が付いたら外は暗くなり8時になっていました。
そのくらい熱中できます。

B-fight ってなあに?


B-fight(ビーファイト)とはTTFproが考案開発(実用新案特許出願中)したシューティングスポーツです。
2チームに分かれ頭部に2個の風船を装着しお互いに割りあうゲームです。
2個の風船のうち1個でも割れたらブレイクとなり、ゲームから離脱しなければなりません。
3人対3人で行い多く割られた方が負けとなります。
同数の場合はそれぞれの陣地の後方に置かれたポイントバスケットの中に入っている弾の数で勝敗を決めます。
1ゲームの時間は3分です。
NERF戦の場合約10m×8mのコートをドッジボールコートのように中央にセンターラインを引き行っています。
以前よりTTFproで行っている過激なエアガンで行うB-fightとはルールもコートも違っていますが、風船を割る競技には違いがありません。
大きく異なっているところはNERFで行うので痛くもありませんし物も壊しません。
至極安全という事です。
勿論、スポーツとうたっている以上は、それなりの運動量もあり終わった後の疲労感もあります。
しかしそれ以上にNERF de B-fight は楽しさでいっぱいです。

参加希望の方はお電話にてお願いいたします。
0299-64-2966  
ご質問がありましたらなんでもお気軽にお電話ください。

















同じカテゴリー(ゲーム予定)の記事画像
3月27日現在予定
3月のゲーム
1.29 定例戦
12.11B-fightスキルアップトレーニング
11月20日通常戦&B-fight
11.13通常サバゲ
同じカテゴリー(ゲーム予定)の記事
 3月27日現在予定 (2017-03-27 12:07)
 3月4日現在の予定 (2017-03-04 17:33)
 3月のゲーム (2017-02-17 21:35)
 2.26メインフィールドは貸し出しとなっています (2017-02-17 20:17)
 1.29 定例戦 (2017-01-25 20:08)
 12.11B-fightスキルアップトレーニング (2016-12-06 14:50)

Posted by マスター  at 12:48 │Comments(0)ゲーム予定

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ