2015年10月03日

B-fight動画1VS1解説

ただ今b-fightのお問い合わせを多数いただいています。
少し説明させていただきます。
基本的にB-fightは専用コートで行います。
縦横40m×20mの広さです。
そこを8つのセルで分割し1つのセルの中には敵味方が同舟することはできません。
勿論、極端な至近距離の撃ちあいを防ぐ為という事もありますが、ある意味、陣取り合戦の意味合いもあるわけです。
自陣を広げて敵に対し有利にポジショニングを進めていく結果、敵のブレイクにつながるわけです。
ここでB-fightコートの見取り図と動画をアップします。
以前に挙げたものですが、ちょっとした解説を致しました。



動画は1vs1で行われています。
3vs3とはファイトの内容は違ってきますが雰囲気はお伝えできると思います。


①スタートと共に両者前進します。
②それぞれ対角線上に射線を設定します。
・・・お互いコートのクロスにポジション。
・・・しかしOgogさんは少しセンターより。
③Mcさんは完全にサイドラインまでのクロスポジション。・・・Ogogさんはセンターに移動。
④Mcさんサイドラインから後方に移動しながら反対側サイドへ移動バリケードうらの基本ポジションに入ります。
・・・Mcさん遮断状態に入り込みます。・・・遮断状態とは敵の情報が把握しにくい状態。・・・通常この状態は不利!
⑤Mcさんが遮断状態に入ったことでOgogさんはアドバンテージポジションになります。・・・この状態はOgogさんが絶対的有利。
⑥アドバンテージポジションを生かしOgogさんは距離を詰めます。
・・・ここでOgogさん最大のミス。・・・基本ポジションに入ったMcさんは右利き。Ogogさんは距離を詰める際出来るだけバリのブラインドを利用しOgogさん自身の右にポジションを取らなければいけなかった。

アドバンテージポジションに入り距離を詰める場合でお互いの間にある一枚のバリケードをブラインドとして使用するとき、出来るだけ自分の前方左にバリケードを置いた方が有利なのです。・・・敵が打てる状態になる前に風船を出させる。という事です。
これでまんまとOgogさんはMcさんにやられました。
それは銃口の向きが自分に向く前に風船が出てしまい、正確な銃撃を受けると当然「ブレイク」となります。

TTFはこんなことをやり続けて10年以上になります。

















同じカテゴリー(B-Fight)の記事画像
4.3 B-fight遠征 TAFZONE(タフゾーン)さま
3.27B-fightゲーム
ナーフチューバッカーモデル買っちゃった
昨年12月6日B-fightチャンピオンシップ⑧
昨年12月6日B-fightチャンピオンシップ⑦
昨年12月6日B-fightチャンピオンシップ⑥
同じカテゴリー(B-Fight)の記事
 4.3 B-fight遠征 TAFZONE(タフゾーン)さま (2016-03-31 11:44)
 3.27B-fightゲーム (2016-03-23 22:29)
 NERF B-fight Game (2016-02-19 12:17)
 ナーフチューバッカーモデル買っちゃった (2016-01-16 18:21)
 昨年12月6日B-fightチャンピオンシップ⑧ (2016-01-15 19:13)
 昨年12月6日B-fightチャンピオンシップ⑦ (2016-01-14 18:56)

Posted by マスター  at 18:19 │Comments(0)B-Fight

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ