2012年10月12日

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ

いよいよ10月14日、待ちにまったT.T.F.秋のフェスタを開催いたします。
過去に参加いただいた皆様より多くのリクエストをいただきありがとうございます。
今回も参加いただいた皆様に、大いに楽しんでいただけるよう、精一杯の努力をさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

日時・・・2012年10月14日(日) 9時集合…10時スタート
場所・・・T.T.F.メインフィールド
参加費・・・2000円

レギュレーション…
今回も基本的にレギュは前回同様です。
弾・・・0.2~0.25までのバイオ弾の仕様をお願いいたします。
(セミバイオは不可)弾の色は自由です。
携帯弾数の制限はありません。
ヒット判定・・・銃、装備を含むすべてに対して着弾があった場合ヒットとなります。直撃弾は勿論、兆弾、雨降り弾、すべてヒットとなります。ただし地面をバウンドしたり、転がってきた弾はヒットになりません。
ヒットコール・・・「Hit Death」「ヒットでーす」と大きな声で、片手を高く上げてコールをお願いいたします。
ヒットコールは気持のよいゲームの第一歩だと思いますので、よろしくお願いいたします。ヒットコールの素晴らしいゲーマーは感動すら与えます!

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ



ゲーム内容
午前の部----------------------------

第1戦・・・トラップ設置フラッグ戦 メインフィールド使用 15分×2戦
BフラッグとDフラッグを使っての完全フラッグ戦です。
ただし各チームに2基のトラップがあります。
これをゲーム中に任意の場所に設置します。
設置したトラップを作動させるとその時点でチームの負けとなります。
自分の仕掛けたトラップに自分が掛っても負けとなります。
過去に3名ほど自分で仕掛けたトラップに引っ掛った参加者がいます。
伝説になりますので注意しましょう。(笑い)
フラッグゲットで2ポイント、ドローで1ポイントづつ。
フラッグを奪取しなければ勝利になりません。第1戦(往復)終わってセフティーゾーンに戻ります。

第2戦・・・ご存知T.T.F.名物ゲームのフラッグ戦パラトルーパールール 20分×2戦
AフラッグとBフラッグで行います。
パラトルーパールールは文字どうりパラシュート降下部隊です。
簡単に説明しますと生き返りルールです。
ゲーム中ヒットされても生き返りができます。ただし、5人集まらなければ輸送機に乗れません(生き返れません)5人になるまで待ってください。

赤黄チームにそれぞれ二機の輸送機(ビニール傘にロープが付いたもの)があります。
チームそれぞれに輸送機格納ポイント(傘が2本置いてあるだけです)で待機し、5人になるのを待ちます。
最初にヒットされた方はあと4人ヒットされるのを待たなくてはなりません。
5人になりましたら輸送機に乗り(ビニール傘のロープにつかまり)パラトルーパーマーカー(青マーカー)を付け、ゲーム中のフィールドに発進します。
任意の場所に5人で移動します。(この間もゲームは進行しています)。
ロープをつかんでいる間(飛行中)、敵はパラトルーパーを撃てません。
パラトルーパーもロープを握っているとき(飛行中)は発砲できません。
機長(先頭で傘を持っている人)はゲーム中のフィールドの、友軍にとって有利になるところに降下します。
機長が降下地点を決めたら大きな声で「降下!」と叫び、持っている傘を投げ、握っていたロープをはなします。
この時点で降下となり銃撃が開始されます。
ただし、パラトルーパーはフラッグアタックはできません。
これが各チーム1戦につき2回できます。
文章にするとちょっと複雑ですが、やってみると単純です。
早い話が、ヒットされても5人集まれば電車ごっこで生き返れるということです。
フラッグゲットで2ポイントドローで1ポイントずつ。第2戦(往復)終わってセフティーゾーンに戻ります。

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ



昼食・・・12時から1時まで

午後の部----------------------

第3戦・・・人質奪回戦 15分×2戦
Cフラッグよりスタートし守備チームはEフラッグで行います。
砂山に人質がとらわれています。

ここで人質を紹介します。
今回もエージェント猿君に人質をお願いいたします。

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ


守備隊は砂山にとらわれた人質を奪回されないように阻止します。
守備側はEフラッグよりスタートし、奪回攻撃する側はCフラッグよりスタートします。
Eフラッグからスタートした守備側もCフラッグからスタートした奪回側も普通にメインフィールド内での移動制限はありません。
人質を自軍フラッグまで移動できれば勝利となります。ただし奪回側の人質を運ぶ方法は、手で持っての移動はできません。投げ渡しでのみでできます。
味方に投げ渡しか、投げて落ちた場所からまた拾って投げてという風になります。
自軍フラッグに段ボール箱がありますので、これに入れてミッション成功となります。

10.14秋のフェスタ内容のお知らせ


わが国諜報部SARU部員が捕まった。尋問の専門要員が二人・・・。はやく助け出さないと・・・・・第3戦(往復)終わってセフティーゾーンに戻ります。

第4戦・・・Xライン戦 15分×2戦
AフラッグからEフラッグまでの全てのフラッグを使います。
それぞれのフラッグに赤と黄色のポイントマーカー(ペットボトル)があります。
チームカラーのポイントマーカーをフラッグポールにかけていくゲームです。
それぞれ自軍を2分し、それをAとC、BとDのように対角線(Xライン)に布陣します。
フラッグポールにポイントマーカーを掛けたら1ポイントになります。
全部かければ5ポイントになります。第4戦(往復)終わってセフティーゾーンに戻ります。

第5戦・・・フラッグ戦 (時間により第5戦は無い場合もあります。)
      
      勝ったチームの表彰式・・・4時
      負けたチームは勝ったチームを拍手で讃えましょう。
      そして勝ったチームは一緒に遊んで頂いた感謝と健闘を讃え「有難うございました。」と答え参加者皆さんの大
      きな笑いと拍手で終わりたいと思います。


T.T.F.名物糸くじ抽選会。糸くじビンゴを行います。
勝ったチームにはビンゴカードをもう一枚差し上げます。(合計2枚)
今回の目玉商品はマルイのM14(中古)です。

糸くじビンゴ大会の賞品のお願い・・・皆様の中で賞品に出しても良いものがあればご提供ください。
使えるもので、自分には不必要なものがありましたらよろしくお願いいたします。
立派なものでなくても結構です。使用可能なものであればお願いいたします。

あの最高の達成感が忘れられない!
5時終了予定(内容を変更をすることがあります)

サバゲは最初に信頼ありきの遊びです。
信頼なくしては成立しない素晴らしい遊びです。

最後までサバゲのゲーマーシップで(笑)正々堂々と熱い戦いを楽しみましょう。
盛り上がってまいりましょう!
まだ若干の参加枠があります。
参加希望の方はコメントにて書き込みください。




同じカテゴリー(T.T.F.フェスタ)の記事画像
5.15 TTF春のフェスタ
5.1 五月第一週通常サバゲと段ボール戦車戦
5.15 TTF春のフェスタ決定
いよいよ明日ですTTF フェスタ!
2015.4.29TTFproフェスタ
4月29日TTFpro春のフェスタ
同じカテゴリー(T.T.F.フェスタ)の記事
 5.15 TTF春のフェスタ (2016-05-10 16:01)
 5.1 五月第一週通常サバゲと段ボール戦車戦 (2016-04-28 12:18)
 5.15 TTF春のフェスタ決定 (2016-03-08 12:37)
 いよいよ明日ですTTF フェスタ! (2015-04-28 19:44)
 2015.4.29TTFproフェスタ (2015-04-25 21:45)
 4月29日TTFpro春のフェスタ (2015-04-14 18:25)

Posted by マスター  at 09:51 │Comments(6)T.T.F.フェスタ

この記事へのコメント
お世話になります。HTTのひらばです。
2名の追加参加をお願い致します。

よろしくお願いします。
Posted by ひらば at 2012年10月12日 11:31
1名ですが、参加致します。
宜しくお願い致します。
Posted by ジミー at 2012年10月12日 21:59
やっと運動会シーズンが終わりました。
まだ参加枠残っていますか?
Posted by hoshi- at 2012年10月12日 23:08
ホッシーさんへ
運動会、お疲れ様でした。
お待ちしています。

参加の皆様、お待ちしています。
Posted by マスター at 2012年10月13日 07:50
ホッシーさんへ
運動会、お疲れ様でした。
お待ちしています。

参加の皆様、お待ちしています。
Posted by マスター at 2012年10月13日 07:52
御世話になります。
三名で参加します。
よろしくお願いいたします。
Posted by サージ at 2012年10月13日 19:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
過去記事
T.T.F.フィールドは特に連携を重視したフィールドです。連携がとれるチームとそうでない個人プレー重視のチームとでは、はっきりとした違いの有る結果を認識するでしょう。サードトレーニングフィールドT.T.F.は、いかなるシチュエーションにおいても対応していけるゲーマーのトレーニングの場として存在を希望します。広さ約16000㎡。 B-Fight 戦開催中!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
マスター
マスター
T.T.F.代表のマスターと申します。今までの永いサバゲ歴の中、色々感じて考えました。強いチームは数あれど、相手チームからも目標にしたくなるような、スマートで、技術的で、フレンドリーで、対戦相手からも共感をいただける、そんなチームをいつか作りたいと思っています。
オーナーへメッセージ